庭師さんのお仕事メインビジュアル

庭師さんは一年中忙しい!?

「庭師」というと、もちろんその職業は知っているけど、馴染みが薄いという方が多いのではないでしょうか。
庭師の仕事といわれて思い浮かべるイメージが、大きな邸宅の日本庭園で立派な松の木を剪定したり、大輪の牡丹や菊の花を丁寧に世話している……といったところで、ちょっと自分の生活には関りがないかな、と感じてしまうかもしれないですね。
でも実際に庭師さんは一般家庭の植木の剪定や草刈り、芝刈りといった手入れをやってくれます。最近では植木1本だけでも手入れに来てくれる庭師さんも多く、より身近な存在ともいえます。
日本でガーデニングブームが起きてから久しいですね。自分自身の手で庭づくりを楽しむのももちろん醍醐味ですが、やはりプロの庭師さんに依頼して剪定してもらうと仕上がりが違います。 もっと気軽に庭師さんに相談してみてはいかがでしょうか。
さて、このサイトでは、そんな庭師さんが普段どのような仕事をしているのかを、季節ごとに分けて紹介していこうと思います。自分のガーデニング作業のヒントにもなると思いますので、参考にしてみてください。

門松
  • 芝刈り・庭木伐採なら岡崎の植木屋
    岡崎・豊田・安城でお庭のことならイーサポート!
    庭木の剪定・伐採は1本からご依頼OK!
    草刈りや植木のご相談、お庭のことなら何でもお気軽にどうぞ。
    お庭のイーサポート:岡崎市鴨田南町2-3
    https://oniwa-e-spt.net/

庭師さんの年明け

年明けから春にかけて、庭師は来るべく芽吹きの季節に向けて、樹木や植物たちの世話に励みます。 降雪量の多い地域になると、雪の重みで枝が折れてしまわないようワイヤーなど使って補強したり、寒さで弱ってしまわないように防寒対策をしたり、除雪作業もします。 霜が降りないように土の部分にウッドチップを撒くこともあります。花の少ない季節ではありますが、庭師さんはやっぱり忙しいのです。 年明けではなく、年末の仕事になりますが、お正月を華やかに演出する門松づくりも庭師さんの重要なお仕事の一つです。
もっと詳しく

春の庭で作業する庭師

庭師さんの春

死亡した方に関して、いろいろな方面で変更手続きが必要となってくるでしょう。 まず、死亡された方が世帯主だった場合、世帯主変更届を14日以内に新しく世帯主となる人が役所へ提出しなければなりません。 また、故人となった方の銀行等の口座は、金融機関が封鎖してしまいます。封鎖されますと、たとえ配偶者、実子であっても、個人の口座からお金を引き出すことはできませんし、水道・電気・ガスなどの公共料金や、クレジットカード、各種保険料金などの口座振替が封鎖された口座を指定してある場合は、引き落としがされないので、こちらも注意が必要です。
もっと詳しく

庭師さんの夏

葬送に関連した行事が一通り済むと、いよいよ相続に関する準備の段階に入ります。 亡くなった方が遺言を残していたかを調べる必要があります。もし、公正証書遺言以外の遺言がある場合は「検認」が必要です。 検認とは、相続人に対して遺言の存在と検認の日現在における遺言書の内容を明確に知らせることで遺言書の偽造・変造を防止するための手続きになります。 よく間違えられやすいのですが、遺言が有効か、無効かを判断するための手続きではありません。 万が一、遺品整理をしている中で遺言を見つけた場合にも、この検認が必要になりますので覚えておいてください。 遺言の検認が終われば、遺言が執行されますが、そこからも相続人調査や、遺産分割協議など、実際に相続されるまでには長い時間が費やされます。
もっと詳しく

冬支度の秋の木々

庭師さんの秋

実りの秋、そして紅葉の秋。日本には紅葉する樹木がたくさんありますが、中でもモミジは人気があり、全国各地の有名な庭園ではたくさんの種類の色づいたモミジを楽しむことができます。 こういった庭園の紅葉を管理・世話してくれているのも、もちろん庭師さんです。 苔の美しい緑の上に落葉した赤い葉っぱはとても綺麗で印象的ですが、時間がたてば変色して、美しいとは言い難くなってしまいますので、こまめに拾う必要があります。 こうした地道な作業も庭師さんのお仕事の一つです。多くの観光客・参拝客が訪れる前の早朝から落ち葉を片付ける作業をしてくれているのです。
もっと詳しく