本文へスキップ

一年間の間に植木屋さんがよどみなくこなしている作業とは。

植木屋さんのやってる仕事を紹介するサイト『植木屋さんのお仕事』

『植木屋さんのお仕事』では月ごとの主な作業について解説します。

植木屋さんの年明け

  • 植木とはいわば植物なわけで、寒い時期はあまり活動をしなさそうだから植木屋さん もたいしてやることがないと思われがちです。 冬に花を咲かせることは少ないのですが、ただ庭に生えているだけでは植木も本来の 役割を果たしているとはお世辞にも言えません。 庭木もその庭園を見る人に季節を感じさせるよう、心を和ませるように年中手入れを していつでも最高の状態に保つべきです。 雪の降りそうな寒さで目に見える成長もしない1月の間は手入れを怠ってもいいかな、 と甘い考えではこれからやってくる春や夏に美しい葉や花を咲かせることができなく なってしまうかもしれないのです。
納得価格のエクステリア
外構工事施工・カラーズエクステリア岡崎店
お客様にご満足いただける価格と技術であなたの門扉、庭が生まれ変わります。
愛知県岡崎市小呂町2丁目20番地4 tel.0120-45-4946
豊田市・安城市からも近いです。

植木屋さんの春

  • 春ほど季節を感じさせてくれるシーズンはそう滅多にありません。 厳しい冬が終了してやってくる春はその到来を全身で感じさせてくれるので、 「今ってまだ冬かな?」と迷う人はきっとあんまりいません。 肌で感じられなくても庭や公園を一瞥すれば、「植物が元気になってきたようだな」 と冬ではなく春らしさをどことなく読み取ることができるでしょう。 そんな暖かな春には植木屋さんのお仕事もきっと忙しくなるはずです。 それでは4月からはどんなことをするのか解説していきましょう。

植木屋さんの夏

  • 暑くて何もやる気が起きない夏でも植木屋さんはみなさんの庭木のお世話をするため 剪定ハサミでチョキチョキやっています。 その姿はバカボンのパパを彷彿とさせると語る人もいますが、最近の若い人はその 人物をご存じないかもしれないのが少し残念に思えてしまいます。 バカボンのパパは赤塚富士夫さんのマンガに出てくる腹巻がトレードマークの キャラクターで、職業は植木屋さんです。 このマンガを読んで「よし、将来はボクも植木職人になるぞ」と夢見た少年達の数は きっと100や200ではないでしょう。 ギャグ漫画が好きだという方にはぜひお勧めしたい作品ですので、機会があれば一度 調べてみましょう。

植木屋さんの秋

  • 枯葉の舞い散る秋は、お庭の植木もそれまでの勢いを失って根元には落ち葉の姿が ちらほら見え初めてきるでしょう。 綺麗な花を咲かすシーズンではありませんが紅葉を楽しめるので、植物が好きな人 にとってはそれほどつらい時期ではないのかもしれません。 花派と葉っぱ派、日本ではどちらが多いのかはよくわかりませんが、秋の紅葉をウリ にしている観光地は世界中にあります。 秋からみんなが走る師走にかけて植木屋さんはどんなことをするのか、 解説していきましょう。